pickup
妻以外彼女
職場でめっちゃ良い子がいるんだよね

妻がいて結婚しているけど特に家庭に不満はないんだけどさ。

でも、つきあってみたいんだ。

口説き方を忘れた僕につきあう方法を教えてほしいなー
いるんですよね。職場にキラリと光る女の子が。
僕も職場でW不倫の経験があるので、その体験ベースで答えます。
大事なのは以下の3つ
妻以外の彼女をつくる3つの方法
・いきなりガツガツ攻めない

・LINEをうまく使う

・他の男性と差別化する口説き方
だいたいこのパターンが多いです。
とにかく大事なのは、マメすぎるのはNGなこと。
無駄にLINEしない。マメにするのはあなたが女の子から気にいってもらえてから。
マメな男の方がモテるようなイメージがあると思うのですが、それは違います。
心の押し引きで相手の感情を揺さぶることが大事です。
この記事を読むことで、あなたが妻以外の彼女をつくれるキッカケになりますよ。
それでは今日もいきましょう!

妻以外の彼女をつくる方法

妻以外彼女

いきなりガツガツしない

これは、大前提ですよね。
いきなりがつがつ行っても何も良いことがりません。
相手の気持ちを考えることが大事です。そうです距離感です。
第一、まだあなたにそんなに興味がないのですから、まずはじっくりと相手の様子を見ていきましょう。
もし、本気でつきあいたいと考えているなら長いスパンで考えた方が良いですよ。
職場でミスると気まずくなったり、退社しなければならないくらいまでゴチャゴチャしたりするので。
慎重に信頼関係を作っていかないとマズいですからね。
いきなり二人で飲みに誘うとかもっての他ですよ。
焦りは禁物です。

徐々に攻めていく

初めは半年くらいは様子を見た方が良いでしょう。
やっぱり気になるのが、彼氏や旦那がいるかどうかですよね。
聞くとしたら談笑している最中が良いですね。自然にノリで。
「ところでさ~○○ちゃんて彼氏いるの?」
それか、周りのスタッフに前もって確認してしまいましょう。
きくときは、堂々と思い切って聞きましょう。
変に自信なさげに聞いてしまうと「キモイ」なんて思われたら最悪ですからね。

自然な流れでLINEを交換

僕の場合は会社は同じでも、働いている場所が違かったため連絡先を聞くまでに時間がかりました。
久しぶりに一緒に仕事をしたタイミングでLINEを交換。
シフトが変わったり、仕事の相談や急に休みになったりする場合の連絡する手段として聞き出しました。
体調不良などの理由があって、どうしても仕事に行けないときなどありますからね。
LINEで連絡を取った方が、どちらにしても仕事がしやすいので自然な流れで聞き出します。
それでも、初めは絵文字送ったり、仕事の話しなどありきたりな内容です。
あまりガツガツしていない、余裕さを演じるのもすごく大事です。
ある程度の距離感が、相手にも負担なく快適に仕事をしてもらうためにも、自由にさせるようにした方が良いですね。

LINEを上手く使う

妻以外彼女
顔が見えない分、LINEのやり取りは重要です。
LINEは聞き出してからが本番です。
LINEを上手に使うコツ
・LINEをまめに送らない

・LINEでの押し引きが重要

・LINE心理術を使う

LINEをまめに送らない

これ、案外やってしまっていませんか?
毎日のようにアプローチしてしまう。
仕事の話や相談事など、なんでも良いから話しに漕ぎつけたい感じ。
最初は、男友達や同僚に送るような業務的なLINEの方が良いです。
なぜなら、最初の段階で変な感情が入ると、相手から重たく感じられてしまうからです。
「おはよう」とか「おやすみ」とか返信に困るようなLINEをまさか送っていませんよね?
こういった、男友達や同僚に見せて恥ずかしさが出るようなLINEは送ってはダメってことです。
「日にちいつにする?」「次は○○の場所でいい?」
のような簡単で簡潔な内容。それ以上はLINEしない。
引かれてしまったり、LINEが続かなかったりしてしまうのは、まだあなたのことを気に入ってもらえてないからです。
マメなLINEは逆効果ですよ。

LINEでは押し引きが重要

相手の女の子と仲良くなってきたら、LINEをするようになると思います。
特に、スキンシップなどで男を意識させて恋人同士っぽくなってきたら、のレベルですね。
ここでちょっとしたテクニックを使います。
女性の気持ちを高ぶらせておいて、適度に不安な気持ちを与えていくというもの。
LINEをお互いにずっとしたのにしばらく放置する、みなたいなイメージです。
やりとりに時間差をつけるということです。
人は失いたくない!って思えば思うほど自分の感情に執着してしまう生き物なのです。
感情が上がりっぱなしだと、手に入れた瞬間に「お腹いっぱい」の状況になり興味がいっきになくなります。
人は常に手に入らないものがほしいのです。

LINE心理術を使う

もう少し掘り下げてみましょう。
人には好きになる仕組みというのがあります。
1段階⇨LINEで盛り上がっていたのに、返事がこなくなった

2段階⇨既読がついているのに返信が遅い

3段階⇨デートが盛り上がったのに、LINEを送ったらやたら冷たい

4段階⇨既読にならない、返事が遅い
女性に対して
えー、なんだだろう。連絡がこないな・・

なんか私、やってしまったかなあ・・

あれ言っちゃったのまずかったかなあ・・・

わかんないよ~
という、不安、心配という気持ちを抱かせること。
女性の気持ちに対して、緩急をつけることに意識するテクニックです。
言っておきますけど、この戦略はかなり効きますよ。
女性のほとんどは、男性が優しくしたり、丁寧に扱ってくれたりそれが当たりまえだと思っているのもまた事実。
あなただってそうですよね?
女性に気に入ってもらうためには、結構なんでもやりますよね。
ですが、人が好きになる瞬間というのは、「不安」「嫉妬」「寂しさ」「喪失感」などのネガティブな感情なんです。
放置すればするほど、その感情もどんどん増えていき、何もない時間では余計なことを色々と勝手に考えてしまうものなのです。
逆の立場になって考えてみてくさださい。
あなたがLINEを送って返事を待っているときって、こころが「キュー」っと締め付けられるような感覚になりませんか?
俺って嫌われたかな

もしかして他の男と会ってるんかな

このまま返事こなかったらやっぱリ終わっちゃうかなー
このような不安な気持ちがどんどん増えて、不安なときに考えれば考えるほど相手のことが好きになっていくのです。
これは、恋愛ホルモンの「フェニルエチルアミン(PEA)」が関係しています。
人は異性を好きになると、このホルモンが分泌されます。逆にホルモンが分泌されると相手を好きになる。
恋愛は、いつの時代も説明できない感情的な部分が大きいのはそのためだったんです。
例えば、お金を持っていて見た目も悪くない、でも好きではない。条件も良いのに。
こういうケースってあると思うんですが、これは女性が恋愛ホルモン「フェニルエチルアミン」が分泌していないということ。
逆に、周りからしたら、その女性に対して条件が悪いはずなのになぜか離れられない男がいる。
これは、その男が意図的ではないにしてもその女性に対して恋愛ホルモンを分泌させることができているということです。
ほんと不思議ですよね。
何が正解で何が間違いなのか、ほんとにわからなくってしまうときがありますが、それもまた恋愛の醍醐味でしょう。
ただ、人が異性を好きになるのはホルモンが深く関わっているのは間違いありません。
そのホルモンを分泌させるためには、その条件を意図的に満たしてあげることが大切です。
その条件というのが、「不安」「嫉妬」「寂しさ」「喪失感」というネガティブな感情です。
恋愛する中で、男性が女性に尽くしすぎるのは、ネガティブな感情を与えることができないから上手くいかないんです。
女性は、フェニルエチルアミンという恋愛ホルモンがどばどばとだだ漏れている男性に惹かれてしまうんですね。
なぜかわからないのですが、「好きで好きで仕方がない」となってしまうのです。
男が女性に優しくして当然。エスコートして当然。ポジティブな感情しか女性に与えない。
どこにでもいそうなそんな優しい男性は、女性からは「良い人」止まりで恋愛対象外ってことですよ。

他の男性と差別化する口説き方

だいぶ、仲良くなってきたところで口説き始めることになりますがちょっと待ってくださいね。
口説くと言っても単純にノリでおもしろ風に言ってもだめですよ。
他の男性と違ったアプローチで口説かなくてはなりません。
そのやり方は簡単で、単純に逆の行動をすればいいわけです。
多くの男性は「会っているときに口説かずに、会っていないときに口説いている」
直接面と向かって言うのではなく、帰り際のLINEや寝る前、一人で酔っ払ったときにノリで口説きのLINEをする。
よくやってしまっていませんか?
そうではなく、「会っているときに口説いて、会っていないときは口説かない」
これが鉄則です。
初めはその女性とデートしているときに、好意があるような思わせぶり発言を連発。
会っていないときは、こちらから一切連絡しない。
口説く具体的な方法はいたって簡単です。
難しく考えずにこれだけやってみてください。
なぜなら、ほとんどの男性がこれができないからです。
先ほどもお伝えしたように、あなたのことを好きになってもらうためには、ネガティブな感情の激しいアップダウンが必要でしたね。
ほとんどの男性は、好きになったら速攻でLINEしたり、もっと繋がりたいという気持ちが先走ってしまう。
結局、自分の感情をコントロールできないわけです。
それに対して、会っているときに口説いて会わないときに口説かない。
まず、デートが終わって家に帰りますよね。
そしたら、相手からしたら
いつも通り連絡がくるんだろうな・・・
何か楽しかったな・・
顔がにやけてしまうな・・
こんな風にたぶん思っています。
って思っていたらあなたから連絡が全くない。
この感情を揺さぶるのが恋愛テクニックです。
恋愛を上手くいかせるためには、良い意味で相手の期待を裏切ること。
だから、会っているときは思いっきり思わせぶりな態度をして口説き、あなたのことを考えさせるように意図的にする。
そして、会っていない時は連絡しない、という感情を揺さぶってしまう。
こうなるともう、「なんでずっと連絡がないんだろう・・・」と気になってきになってしょうがなくなるんです。

まとめ

妻以外彼女
妻以外に彼女をつくるには恋愛テクニックが必要です。
・いきなりガツガツしない

・LINEをうまく使う

・他の男性と違う口説き方をする
この3つが重要です。
やみくもに口説きまくっても成立しません。
そこには恋愛の感情を揺さぶるテクニックがやはり必要です。
会っているときに口説いて、会っていないときは口説かない。
これであなたも妻以外の彼女をつくれるきっかけになります。
不倫はリスクがあるのがデメリットですが、成功すればまちがいなく幸福感をもたらしてくれます。
是非チャレンジしてみてください!
【PS】
でも、相手が独身だと、どうしても一歩が踏み出せなったりしますよね。
そんなときは、既婚者同士の「割り切り・遊び」はお互いに精神的なハードルを下げるのでおすすめですよ。
出会う方法はこちらから☟

 

おすすめの記事